Menu
お問い合わせ
資料請求
Owner's Voice

お客様の声

子どもが
のびのびと遊べる家

広島県 / 沖本様邸

家族が増えて、新たなスタート

結婚後、しばらく2LDKの賃貸マンションで暮らしていた沖本しゅうじさん・きょうこさんご夫妻。家族が増えるタイミングで、思い切って一戸建の購入を決意します。しゅうじさん:「集合住宅は、どうしても生活音を気にしなくてはいけませんよね。のびのびと子育てができる場所といえば、やはり一戸建てでしょう」


きょうこさん:「小さい子どもがいるので、障害物が少なくて見晴らしがいい家が理想でした。あとは植物や野菜などを育てられる庭があればうれしいな、なんて」


家探しをしていたある日、郵便受けにポスティングされたTRETTIOのチラシに夫婦は目を奪われます。掲載されているおしゃれな写真に一目惚れをした沖本さんご夫妻は、さっそくモデルハウスを見学しました。


しゅうじさん:「希望の条件が揃っていて、かつ大型収納や広々としたキッチンスペースなど、機能性も期待以上でした。家具一式が備え付けられている点も非常に魅力的でしたね」


見学をして購入を即決。こうして家族4人で暮らす、夢のマイホームを手に入れました。


いつも家族の顔が見える空間

沖本さんご夫妻の話を聞いていると、これまで叶わなかった理想の暮らしがTRETTIOで一気に実現したようです。新居での暮らしは、以前の生活に比べてどう変わったのでしょうか。


きょうこさん: 「部屋を仕切る壁が少ないので、室内の見晴らしがとてもいい。娘たちがどこで何をしているのか把握できますし、何かあった時でもすぐに駆けつけられるのは安心感がありますね。いまでは家事が終わったら、畳床の和空間でほっと一息つくのが日課になりました。畳の上で娘とお昼寝をすることもあります。これまでフローリングでの生活が長かったので、畳ならではの居心地の良さに癒されています」


しゅうじさん:「以前の賃貸マンションに比べて窓が大きく、日差しがたっぷり入ってくるので、室内がとても明るいんです。朝日を浴びながら家族と一緒に朝食をとると、仕事への活力が湧きますね」


子どもがのびのびと遊べる住宅

一戸建てを選んだ最大の理由である子育て環境も、新しい暮らしで大幅に改善したそうです。


きょうこさん:「一番大きく変わったのは、子どもたちが“庭で遊べるようになったこと”ですね。以前は庭がなかったので、外で遊ぶ時には公園に子どもたちを連れて行っていました。でも、今は玄関を出れば庭があります。庭先にある植物や石を興味深そうに見つめる子どもたちの姿を見て、自然に触れる機会が身近にあることの大切さを実感しました」


きょうこさんは、庭で子どもが遊んでいる間にガーデニングの水やりをしています。目の届くところで子どもたちを遊ばせられるこの環境は、間接的に育児をサポートしてくれているようです。さらに庭だけでなく、家の中にも子どもたちのお気に入りのスポットが。


しゅうじさん:「室内は仕切りがないワンフロア設計なので、子どもたちが自由に走り回れます。いつか子どもたちが大きくなって、家中を元気いっぱいに動き回るのかなと思うと楽しみですね。玄関の壁一面は黒板になっているので、長女と一緒によくお絵かきをしています。子どもの自由な感性を表現する場になっているんじゃないでしょうか」


かねてから希望していた庭や見晴らしのいいワンフロア設計。これまでの不満を解消するだけに留まらず、子どもたちの成長にとっても大きな役割を果たしたようです。


大切な人と時間を共有できる場所

TRETTIOに住んで約11カ月の沖本さんご一家は、これからも家族の歴史をTRETTIOで刻んでいくことになります。そんな沖本さんにとって、家とはどのような場所なのでしょうか。


しゅうじさん:「みんなが支えあって暮らす場所ですね。妻は家事全般で住み心地のいい空間を作ってくれますし、僕は仕事をすることでこの家を維持したり家族の生活をサポートしたりしています。そして子どもたちはすくすくと成長してくれるだけで、夫婦の元気の源になる。そうやって役割分担をして支え合う仲間が集まる場所が、このTRETTIOなんです」


About TRETTIO

さぁ、はじめよう!
30歳からの家づくり

TRETTIOの暮らしがよくわかる、
カタログをプレゼントしております。

資料請求してみる
Back to TOP

Contact

お問い合わせ